ビームストップ制御ソフトの使用方法

IP及びCCDに強い光を入れないように注意してください。
  1. 制御用PCのMAINパネル上の「BEAM STOP」ボタンをクリックする。

  2. 誤操作防止用のパスワード入力が求められるので、"fsblspring8"(パスワードは全共通)を入力する。→ビームストップ制御ソフトが立ち上がる。

  3. ソフトを立ち上げると、現在のビームストップ位置(x・z座標)がμm単位で表示される。

  4. ビームストップをX軸方向に動かす場合、X Input欄に移動量を入力する。(単位はμm)リング側に移動するときはマイナスの値を入力する。→相対値移動(Relative)か絶対値移動(Absolute)かを選択→「MOVE」ボタンをクリック。